治験登録のための健康診断の注意事項

治験登録のための健康診断

治験を受けるには事前に健康診断を受けなければいけません。

健康診断の結果次第では治験に参加できない場合もあります。

まずは、日々の健康管理を行うことが第一ですがなかなか思うようにはいかない方が多いかと思います。

事前登録、治験初日の健康診断における注意事項

健康診断を受けるにあたって以下の注意事項を守ることが重要となっております。
・1週間前から筋トレ、肉体労働、長時間の立ち仕事等は控えましょう。
・3日前から昼夜逆転・睡眠不足・暴飲暴食・飲酒は控えましょう。
・健康診断前日の夕食は、和定食の様なバランスの取れた脂っこくない食事を
 しっかり食べましょう。絶食は禁止です、必ず食べるようにしましょう。
 食事例:焼き魚定食、煮魚定食、豚汁定食
 食事NG例:焼肉、ラーメン、カレー、天ぷら、唐揚げ、ケーキ等の脂っこい物
・健康診断当日は絶食です。飴・ガム・フリスクもNGです。
 なるべく水を飲みましょう。夏場:500ml~1000ml、冬場:1000ml~1500ml
 来院までに尿を1~2回出して来院頂くとより良いです。

退所してから次の入所までの注意事項

食事について
退所から次の来所までの間、入所から解放された安心感から食べ過ぎたり、高カロリーの食事になりがちです。
また、アルコールを取り過ぎると、血液検査に影響が出ます。
来所前日は特に注意して下さい。

影響を受けやすい検査項目
AST(GOT),ALT(GPT),γ‐GTP:肝臓の機能をみる検査
中性脂肪,コレステロール:脂質の検査
血糖値,尿酸など

運動について
筋肉を使うことをしてしまうと「CK」という検査が高くなってしまいます。
一度データが高くなってしまうと、下がりきるには1週間以上かかります。
普段運動していない人が急に運動すると顕著に上昇しますので、いつもよりのんびりと過ごすことを心がけて下さい。
避けて頂きたい運動
・運動全般:各種スポーツ,筋トレ,ストレッチ
・体を使う作業:引っ越し,重い荷物を運ぶ,部屋の模様替え
・その他:長時間歩く(買い物,散歩など),電気風呂,マッサージ,日焼け,こむら返り(足がつる),打撲,自転車,性行為など

水分について
来所前日から水分を十分(2L程度)飲んで、当日の朝から来所までに「水」もしくは「麦茶」を少なくとも1L程度をこまめに飲んで来所するようにして下さい。
水分摂取の目安として、尿の色が透明に近い状態を維持できるようにして下さい。

水分不足になると影響を受けやすい検査項目
尿検査,ビリルビン,尿素窒素,クレアチニン

昼夜逆転の生活にならないように規則正しい生活を心がけて下さい。
また、普段からも意識して十分に水分摂取するように心がけて下さい。

血液検査、尿検査の検査機器は、わずかな変動でも正確に測定できます。
これぐらいなら大丈夫だろうと思っていることでも、検査結果に大きく影響を及ぼすこともあります。
必ず注意事項を守って治験に参加しましょう。